田舎教師ときどき都会教師

テーマは「小学校教員の働き方と生き方」&「本、旅、人」

なぜ美人は麻薬に手を出すのか? 過労と麻薬は同床異夢。

インフルエンザは咳やくしゃみで感染する。だから、マスクや手洗いでウイルスが身体に入り、感染を起こすリスクを減らそうとする。でも、マスクも手洗いも効果はそれほどでもないから、毎年たくさんの人がインフルエンザになってぼくらの外来に来る。かくい…

教え方はひとつではない。挙手も板書もほどほどに。

「それが私の最大のノウハウなんですよ」とルクシンは言った。「三十年前に発見したのは、要するにそれなんです。子どもたちはみんな、解いた問題のひとつひとつについて自分の話を聞いてもらわなければなりません」。別の数学クラブでは、教室で子どもたち…

ぼくはイエローでホワイトで、ちょっとブルー。ややこしい多様性への愛。

「でも、多様性っていいことなんでしょ? 学校でそう教わったけど?」「うん」「じゃあ、どうして多様性があるとややこしくなるの」「多様性ってやつは物事をややこしくするし、喧嘩や衝突が絶えないし、そりゃないほうが楽よ」「楽じゃないものが、どうして…

ケナリも花、サクラも花。イエローも人、ホワイトも人。

人にはそれぞれ事情がある。それを上手にコントロールしながら暮らしていかなければならないような事情を、誰もが持っている。そうして、コントロールしながら、うまく折り合いをつけながら生きていく上で通名が必要になるのなら、それはやはり必要なものな…

教材をめぐる冒険、雪だるまをめぐる冒険、羊をめぐる冒険

言葉の教科書(注:日本の国語の教科書)のはずなのに自然保護を教えている。やたら動物とか自然が出てくるでしょ。言葉というのは、基本的に人間関係のものなのに、なんで動物にしなきゃいけないの、なんで自然観察しなきゃいけないのっていうことを感じま…

スガンさんのヤギに学ぶ。子供も大人も、表出から表現へ、内から外へ。

「表出」とは、言いたいことを言い、叫びたいことを叫んで、スッキリすることです。~中略~。これに対して「表現」とは、相手に情報をインプットし、相手を特定方向に動機づけるためになされるコミュニケーションです。だから「表現」の成功は、相手がしか…

近代は自由と平等、前近代は身分と搾取、現代は身の丈と定額働かせ放題?

近代社会は、自由、平等を原則とする。それは、前近代社会において格差を生みだした身分と搾取という二つのロジックを否定するところに成立した。(山田昌弘『新平等社会』文藝春秋、2006) もうすでに他界していますが、大正5年生まれの母方の祖母は、武士…

可愛い子には「旅」。そして「本」。無から生じるものは無だけだから。

私たち一人ひとりを取り巻く無限ともいうべき情報から、自らの志向性と波長の合う信号をキャッチするためには、心の中に「パーソナル・カミオカンデ」を用意し、微弱な信号でも捕まえてやろうと待ち構えていなければならない。私の場合はそれが、若い頃から…

樹木希林さんに学ぶ、我が子を「被害に敏感、他害に鈍感な子」にしない方法。

樹木 確かに言ってはいるんだけどね。ベランダのシーンで、蝶々の話をしながら「こんなはずじゃなかった」って。絶対に自分のせいだとは思いたくない。「お父さんが悪いのよ」「ああいう嫁じゃなければ」「世の中が見る目がないのよ」とか、本当にそう思って…

森は海の恋人といいます。国会は森、学校は海。国会審議、しっかりと!

漁民の眼で河口から上流まで俯瞰してみると、じつにさまざまな問題が横たわっていた。 漁民だけの努力で解決できるようなことではない。 そこで県や大学にも相談してみた。返ってくる答えはいつも同じであった。「私の担当ではありません」 役所の仕組みも学…

給特法改正案の審議入り。木も教員も使い方によって生きる!

父から昔そのままのやり方で仕込まれた私は、十数年の経験を経て徐々に一人前の寄木職人の域に近づく自覚のようなものが出来つつあり、周囲もそのように扱ってくれるようになった。厳しい父のこと、そんなことはおくびにも出すものではなかったが、仕事上の…

劇団四季に学ぶ「美しい日本語の話し方」と「美しい人生の過ごし方」

私は、俳優を目指す若者たちを何千人と見てきていますが、敬語や人をいたわる言葉を親からきちんと教えられている若者は、柔軟な言語感覚を持っています。彼らは、どんな役のどんなセリフに対しても理解が早く、いい演技をするようになります。 一方、そうで…

映画『マチネの終わりに』を観た。3年半前の小説体験を変える映画体験。

もう一つ、子供を育てるようになって、やはり、自分自身の幼い頃の心情がしきりに思い返されるようになった。そして、当時はよくわからなかった、子供を見つめる大人たちの心情も。 そんな風に今、手に取って左見右見している記憶は、この先また十年、二十年…

端っ子も世界なんだ、というかこさとしさんに学ぶ「子ども」のこと

『とこちゃんはどこ』という絵本も、まさにそれで、デパートとか動物園とかたくさんの人がいる場所で迷子になったとこちゃんを探す。「いろんなものがある」「いろんな人がいる」というのは、自分が今いる社会について知る時の最初の入り口なのだと思います…

国民性は小学校の教室から? 壮大なマッチポンプと心のレガシーと。

マレーシアの現地スタッフが気持ち良いのは、発生した不満を解消したり飲み込んだりせずに、本当に次々と辞めてしまうところだ。料理長のことが信じられなくなりました。うん、僕も、そんなの私もよ、と立て続けに辞めていくのだ。~中略~。個人の意思を抑…

髭ダン、紅白内定! It's Amazing! 新譜『Traveler』に花を添える!

退職するのは、後ろ髪を引かれるくらいの状態がベストです。意思決定はあくまでドライに行い、自分のキャリアを築いてください。本当にいいメンバーが在籍している会社であれば、自分のキャリアを応援してくれるはずですし、その後の関係も続いていきます。…

英語民間試験の延期に、それぞれの思い。それぞれの現場で。

日本語を学ぶイスラエル人と話していて、ふと気づいたことがあった。彼が言った。「日本の小学校の国語のテストの問題は変! おかしい!」と。僕は何が変なのか訊いてみた。「だって、イスラエルやアメリカでは、テストの解答で求められるのは『筆者の意見』…

英語の民間試験拒否。建学の理念に基づく、東北大の決断に拍手。

学校社会は変わらない。変えられるのは放課後社会とのバランスだけだ。 学校社会は消せないけど、認識を変化させることはできる。それが「考える」という行為。学校社会が無数の中の一つのレイヤーであり、唯一の無意識領域のレイヤーであることがわかれば、…

学力が身の丈で測れるっていうのかい? クレイジーだよ。

「演技がインチで測れるっていうのかい? クレイジーだよ」というのは、ジェームズ・ディーンが無名の時代に、あるキャスティング担当者から「キミの背じゃ、この仕事には不向きだ」と言われた際に友人にこぼした一言だ。僕はこの言葉が大好きだ。(中略) …

斉藤ひでみこと西村祐二さんの記事を読んで。世界がオモシロイから僕らは帰る。

古市 哲学的には「遊び」って何なんですか。退屈とはどう違うんだろう。國分 うまく遊べないときに、人は退屈する。だから、うまく遊べなかったり、楽しめなかったりすると、人は外から仕事や課題を与えられることを求めるようになる。自ら自由を捨てて、何…

身の丈ではなく「強み」が大事。未来にはミノタケよりもミラクルを。

子供の頃はあったのに、大人になると無くなってしまうものがたくさんある。それらを幾つ無くしたかで、人はどれほど大人になれたかを計るようだ。僕も今日までに無数の輝きを失ってきた。落としたものもあれば、わざと放置したものもある、切り捨てたものも…

教員の過労死は対岸の火事? 誰にも止められなかったんだ。

このハトはリョコウバト(PASSENGER PIGEON)と呼ばれ、19世紀の北アメリカだけでも、何百億羽という数で棲息していたという。絶滅して、今その姿を見ることはできない。美しく大きかっただけでなく、その肉は脂がのって柔らかく非常に美味であったことが…

身の丈を気にせずに輝こう。社会がダメになれば人が輝くから。

先日ご逝去された小室直樹先生が僕にとって大切な「感染」対象でした。十年程前、このままだと日本が終わってしまうと慨いたら、先生がおっしゃいました。「宮台君。心配はまったく要らない。社会がダメになれば人が輝くから」と。実に深い言葉です。(大澤…

文科相の「身の丈」発言に思う、移動と、出会いのこと

大切なことを理解した。ぬくもりも音も匂いもない宇宙の闇の中で、気づいた。生きる上で意味を持つのは、他人との出会いだけだ。そして、移動しなければ出会いはない。移動が、すべてを生み出すのだ。(村上龍『歌うクジラ(下)』講談社文庫、2013) 11月…

サイボウズの「公明正大」と「自立」をチーム学校にも!

長年、多様性について議論と実践を重ねる中で、私たちが個人に要求するイズムも徐々に見えてきた。それは「感謝」でも「努力」でも「誠意」でも「変化」でも「進歩」でも「協調」でもない。多様性を維持し向上させていくには、「公明正大」と「自立」が必要…

即位礼正殿の儀に参列するのも、楽しく学び合える場を創るのも、同じ。

私は、大学に入った頃、一方的な講義を聞くだけの大教室にげんなりしながら他方で、少人数ゼミや学外の大人のフリースクールなど、「学びたい人が自然に集まって学び合う」場に魅かれ、触発された。さらに登山や世界への一人旅の体験のなかで身をもって学ん…

原発をやめられない社会を、宿題をやめられない学校を、どうするか。

閉塞感を感じたら、とりあえず移動してみる。旅をしてみる。 これは、私たちが生きていくうえでも有効だと思います。 どこかに行けば、今抱えている問題が解決するとは思わないけれど、自分が何にとらわれていたのかに気づくことはできる。 人間にとってすべ…

給特法の改正を求めたことが、変形労働時間制の導入に繋がったって?

「そして、イギリスに連れ帰ってくれる船長に言われるんだ。『ちょっと一つ気になるんだが、どうしておまえは、そんなに大声で喋るんだ?』と」「大声で? どういうことですか」「ガリヴァーは、巨人と一緒にしばらく暮らしていたから、喋る時はいつも、でか…

変形労働時間制ではなく、ゼロベースの富「学校」論を!

すでに述べてきたが、金次郎の方法は五公五民とか四公六民など領主が決めた税率ではなく、直近十年の平均納税実績を年貢の上限として設定する。 そのうえで領主や個別の農民(経営者)の生産高と借金を調べ、金次郎ファンドからの融資で高利の借金を低利で借…

変形労働時間制で、親は親を、子どもは子どもを生きられなくなる。

重い とか軽い とかも大切かもしれませんが誰もが背負うことがあるのだと想うことが生きる者の根っこの 根っこです「芽吹きのささやき」 (小西貴士、河邉貴子『心をとめて 森を歩く』フレーベル館、2016) 昨年の夏、「都会教師」時代の師匠に誘われて、小…