田舎教師ときどき都会教師

テーマは「初等教育、読書、旅行、映画」

宮台真司、福山哲郎 著『民主主義が一度もなかった国・日本』より。「権威と市場」or「参加と再配分」。未来を託せるのは、どっち?

こういうことです。日本は経済を回すために社会を犠牲にしてきた。社会の穴を、辛うじて回る経済が埋め合わせてきた。だから経済が回らなくなったら、社会の穴が随所で露呈した。金の切れ目が縁の切れ目。これが続く限り、今後も経済次第で人が死にまくるの…

土井善晴 著『一汁一菜でよいという提案』より。簡単は手抜きじゃない。研究授業なんて要らない。

地球環境のような世界の大問題をいくら心配したところで、それを解決する能力は一人の人間にはありません。一人では何もできないと諦めて、目先の楽しみに気を紛らわすことで、誤魔化してしまいます。一人の人間とはそういう生き物なのでしょう。しかし、大…

筑摩書房編集部 編、宮台真司、大澤真幸、他『コロナ後の世界』より。これ、めちゃくちゃいいから読みなよ。

屋上や非常階段からの風景は、いつも見る街の風景とは違うし、夜の公園の風景も、いつも見る昼間の公園の風景とは違う。25年前に書いた「地上70センチの視線」論のように、地べた座りもそうだった。人が行き交う渋谷センター街の路上で地べた座りをすれ…

映画『行き止まりの世界に生まれて』( ビン・リュー監督作品)より。光と影。スケートシーンが、ひたすらに美しい。

ある時、セントルイスの橋の下のDIYスケートパークで知り合ったスケーターたちと「今日は父の日なのにみんなここにいるね」って話になり、そこから各々父親の話をしました。父親がいなかったり、暴力的な父親がいたり、疎遠だったり、みな何かしら親との…

宮台真司 著『宮台教授の就活原論』より。経済よりも社会、仕事よりも家族。

グローバル化が進み、消費性向が高まりつつあるにもかかわらず生産人口が減りつつある日本では、夫の稼ぎで妻の食い扶持を支えることはできません。金持ち以外は夫婦で働くしかなく、従って長時間労働は家族と地域の空洞化につながります。 空洞化は、英国の…

ヤマザキマリ、中野信子 著『パンデミックの文明論』より。小さな物語をどれだけ確保できるか。

中野 そう、若者のパーティにお年寄りが来たりするし、公園で一緒にチェスに興じたり。それにひきかえ、日本では「シルバー民主主義」みたいなことが言われて、選挙に必ず行く高齢者のほうが強い発言力を持っているようでいて、街中では若者と交ざり合うこと…

ヤマザキマリ 著『たちどまって考える』より。ジョーからルフィーへ、ソロからグループへ。

まず、かつてのアイドルのように一人でステージに立つ場合、その歌手は「絶対に間違えない」という緊張を一身に纏います。ソロで活動していれば、人の求める期待に応えなければならない、というプレッシャーをすべて一人で背負わなければならないわけです。…

エマニュエル・トッド 著『大分断 教育がもたらす新たな階級化社会』より。我々は学業と知性の分断が起きている時代を生きている。

分断を招くという文脈においての教育とは、もはや高尚な意味での教育ではなく、ただ単純に取得できる「資格」を指します。今考えなければいけないのは、この教育と知性の関係性でしょう。能力主義という理想が高まった時代には、学校教育で成功するためには…

内田樹、岩田健太郎 著『コロナと生きる』より。学校の労働環境の当たり外れもストカスティック。

なぜ、対談が好きかと言うと、「他者の言葉」に興味があるからです。「他者」というのは、「自分とは同じようなことを言わない、考えない」人のことです。内田先生のお言葉は(あるいはその著書でも)「そうか、そういう考え方もあったのか」という驚きをし…

ミシェル・クオ 著『パトリックと本を読む』より。でも僕は貧しくて、持っているのは夢ばかり。

社会学者のオーランド・パターソンに言わせれば、「生涯にわたる心的態度が形成されている時期に、アフリカ系アメリカ人とヨーロッパ系アメリカ人がともにいること」が人種融合教育のもたらす効用なのだ。黒人がいる学校に通った白人は「アフリカ系アメリカ…

ノーム・チョムスキー 著『9.11』より。5年生の国語の教材「たずねびと」を読みながら思い出したこと。

9月11日に起きた恐るべき残虐テロは、世界の出来事においてきわめて新しいものである。規模とか性質の話ではない。標的が違うのだ。米国は、1812年の英米戦争以来、本土を攻撃されたことはなく、脅威すら受けたことがない。多くのコメンテイターが、…

森達也 著『王様は裸だと言った子供はその後どうなったか』より。自己犠牲は難しい。陶酔と相性がいいからだ。

「お早う、お父さん」 父親はちらりと顔を上げて息子に視線を送ってから、深々とため息をついた。昨日は王様も恥ずかしさのためかずっと城に引きこもっていたようだが、このまま事態が収束するとはとても思えない。誰が最初に「王様は裸だ」と言いだしたのか…

マイク・マグレディ 著『主夫と生活』より。雨上がりの虹に感動する感受性を、自分で守れ。

俺にとってこの一年は楽しかった! 確かに退屈もしたし、繰り返しにうんざりもしたし、内容のなさに馬鹿馬鹿しくもなったが、それでも、この一年は、俺にとって近来まれな楽しい一年だった。新聞社で絶えず原稿の締め切りに追い廻されていると時間の感覚とい…

宮台真司、岡崎勝、尹雄大 著『子育て指南書 ウンコのおじさん』より。損得よりも正しさ。カネよりも愛。

政治に必要な「損得よりも正しさ」や、恋愛に必要な「カネよりも愛」が、枯渇して、損得に拘泥する浅ましい生き方が蔓延し、いまや政治が支える国と、恋愛に始まる家族の、持続すら怪しくなった。 欠けるのは知識ではない。バランスを超えた過剰への、〈交換…

山極寿一 著『スマホを捨てたい子どもたち』より。スマホをラマダンし、本をじっくり読みましょう。

サルやゴリラの世界から見ると、人間は、とてつもなくおせっかいな生き物に違いありません。子どもがやろうとしていることに手を貸すだけではなく、まだやろうともしていないことに対しても、「こうなったらいい」「あれを見て。君もいずれあのようになる」…

中原淳 監修、脇本健弘・町支大祐 著『教師の学びを科学する』より。Think different !!

「異動は最大の研修である」という言葉がある(例えば、大阪府教育委員会2008)。つまり、異動は、職能成長につながりうる最大の機会、という意味である。この言葉を聞いて、「その通りだ」とストレートに受け止められる教師はどの程度いるであろうか。とい…

ヨーラン・スバネリッド 著『スウェーデンの小学校社会科の教科書を読む』&「マル激(第1012回)」より。変わらなきゃ。

そのため、日本ではメディアの教育と言えばもっぱら「どうやって有害な情報から身を守るか」が重視されているように思われます。これに対して、スウェーデンの教科書では「どうやって有益な情報を発信できるか」が重視されています。そして、その先にあるの…

岩瀬直樹、中原淳、妹尾昌俊、他『ポスト・コロナの学校を描く』より。「学校をどうするか」から「学校を変えられない社会をどうするか」へ。

軽井沢風越学園(以下風越)の3ヶ月の試行錯誤をベースに、ポスト・コロナの学校像を描いてみたいと思います。 今回明らかになったのは、物理的に登校しなくても学ぶことは十分可能ということです。午前中は家庭でオンラインを活用して個別的に学び、午後は…

中原淳 著『フィードバック入門』より。王様は裸だ(!)って、耳の痛いことを伝えないとダメ。

フィードバックの概念は、情報通知という側面(ティーチング的・一方向の情報伝達)と、立て直しの側面(コーチング的・振り返りの促進)の二つを含みうるものであるということです。要するに、フィードバックは「ティーチング」と「コーチング」を含みこむ…

西田亮介 著『コロナ危機の社会学』より。保護者の不安のマネジメントって、大事。

既知のとおり、コストカットとムダ取り、支出削減は日本社会の至上命題であり続けている。それは公務員についてもいえ、人口当たりの公務員数はすでに世界最低水準になり、業務は増大であるにもかかわらず強い削減圧力とバッシングが続いている。こうしたト…

中原淳 著『駆け出しマネジャーの成長論』より。駆け出し学級担任の成長論。折れないためにはどうするか?

しかし、部下育成の重要性はわかっていても、その原理については知らないという人も多いようです。中には、自分が若い頃に出会った上司のやり方をそのまま再生産し、部下を厳しく追い詰めるなどして、チームに悪影響を与えてしまっているマネジャーも見受け…

坂口恭平 著『苦しい時は電話して』より。Follow your bliss. 死にたくなるのは、懸命に生きているから。

僕は建築家を志してきましたが、結局、地面に定着している建築物はひとつも設計しませんでした。 でも、僕は自分なりの空間をつくったつもりです。 それは声だけの空間です。人間の声が行き交うことで発生する公共施設。 死にたい人がいつでも助けを求められ…

上田信行、中原淳 著『プレイフル・ラーニング』より。あなたが書くことができれば世界を変えられる。

上田 「学ぶこと」は、「変わること」であり、「変えること」です。「読むことは、あなたの世界を広げる。でももし、あなたが書くことができれば世界を変えられる」というような意味のことを言ったパウロ・フレイレ(Paulo Freire 1921-1997)は、すごいと思…

神保哲生、宮台真司 著『暴走する検察』より。「有能さ」のあり方について。

宮台 今回とても重要だと思ったのは、「有能さ」のあり方です。検事の有能さと医者の有能さは似ていると思いました。患者一人ひとりに向き合っていたら処理できない。簡単に言えば、流れ作業のような対処をしないと仕事が終わらない。介護の仕事をやっている…

中原淳 著『働く大人のための「学び」の教科書』より。2番を歌うな。で、そういう「あなた」はどうなのだ?

ちょっと前のことになりますが、かつて、東京糸井重里事務所(現・株式会社ほぼ日)を取材させていただいたときのことです。あるスタッフの人が「糸井さんがよくおっしゃる言葉」として、「2番を歌うな」という言葉を紹介してくださいました。 これは、昨日…

中原淳+パーソル総合研究所 著『残業学』より。ハッシュタグは「先生死ぬかも」ではなく「先生残業やめるってよ」に。

仕事を通じて「フロー」や「幸福感」を持つことができるのは、それ自体悪いことではありません。しかし、この「フロー」に近しい幸福感が、超・長時間労働において感じられているのであれば、話は別です。心身の健康を犠牲にしても仕事の手を止めず、依存症…

沢木耕太郎 著『星をつなぐために』より。たぶん、方法は力なのだ。児童をつなぐために。

沢木 しようがないことなんですよ。それは当たり前のことで、相手があることで、相手の持っているエネルギーによって、出来、不出来に差が出てくるのは当たり前じゃないかと。ところが書き手にとっては、そうかんたんにわりきれない。だって、自分という存在…

ポール・オースター著『ブルックリン・フォリーズ』より。おもしろい大人をたずねて三千里。敗れざる者たちはおもしろい。

彼と同じく、私も大学で英文学を専攻した。そしてさらに、文学を引きつづき学ぶか、ジャーナリズムに挑戦するかといった夢をひそかに抱いていたが、私にはそのどちらを追求する勇気もなかった。人生が邪魔に入ったのだ――二年間の兵役、仕事、結婚、家族を持…

301回目の投稿。ひろゆきさん、宮台真司さん、妹尾昌俊さん、中原淳さんに感謝。他にもたくさん感謝。

「終わらない日常」を生きるとは、スッキリしない世界を生きることだ。何が良いのか悪いのか自明でない世界を生きることだ。私たちが今日生きているのは、すべてが条件次第・文脈次第で評価されるしかないような複雑なシステムである。にもかかわらず、条件…

本間浩輔、中原淳 著『会社の中はジレンマだらけ』より。人生もジレンマだらけ。時短の問題は、みんなの問題なのだ。

中原 部下育成には原理原則があります。人材開発研究で明らかになっている「人を育てる原理」とは、端的に述べるならば「マネジャーがリスクを取って部下に仕事を任せて、適切なタイミングでフィードバックをすること」、これに尽きます。この場合のリスクは…