田舎教師ときどき都会教師

テーマは「小学校教員の働き方と生き方」&「本、旅、人」

夢中は自由の中にしかない、だとすると……

何かを達成したアスリートの足跡を見て、それが努力の集積に見えてしまいがちだが、ほとんどの場合それらは夢中の結果である。だから努力は本質ではない。努力は夢中の副産物。

最もやってはならないのは夢中の子どもに、夢中の仕方を押し付ける事である。夢中は自由の中にしかない。

為末大『走る哲学』扶桑社新書、2012)

 

 先日、某NPO法人が主催する「集中」をテーマにしたワークショップに参加してきました。15人程度の参加で、職種はバラバラ、教員は私だけ。ここ最近、見渡せば教員ばかりという状況(研修、学習会、セミナーなど)に食傷気味だったので、正直、ホッとしました。

 

 ごっちゃ(多様)こそ、万物の礎。

 

 で、五感を使ったワークやら、集中に関するワークやらを休憩と振り返りを挟みつつ約3時間。途中から子どもの気分に。

 

f:id:CountryTeacher:20190826172347j:plain

「味」に集中、利き水チャレンジ

 五感を使ったワーク。まずは利き水チャレンジで「味」に集中しました。いま流行りのマインドフル・イーティングみたいな感じです。最初にエビアンを飲んでから、①~③の中で、どれがエビアンかを飲み比べ、当ててみたところ……、不正解でした。①ボルヴィック、②六甲のおいしい水、③エビアン。難しい。

 

 

f:id:CountryTeacher:20190826173127j:plain

「香り」に集中 &「重さ」に集中

 五感を使ったワーク。
 続いては香りと重さ。

 

 香りに集中するワークは、利き水チャレンジと同じやり方で、今度は袋に入っている香水の香りをかぎ比べて、最初にかいだものと同じ香りのする袋を当てるというもの。ローズとかムスクとかジャスミンとか、忘れましたが、いろいろ。利き水よりはわかりやすかったものの、また不正解。う~ん。

 重さに集中するワークは、目隠しをした上で、5本のペットボトルを重い順、或いは軽い順にならべるというもの。ペットボトルはみな同じサイズで、入っている水の量だけがそれぞれ異なります。これは正解!

 

f:id:CountryTeacher:20190826173749j:plain

集中に関するワーク、綿棒で多面体をつくってみよう🎵

 五感を使ったワークの後には、集中に関するワークに取り組みました。取り組んだワークは3つ。そのうちのひとつが、写真にある「綿棒で多面体をつくってみよう🎵」です。ボンドと綿棒を手に黙々と作業すること約40分。途中、周囲の進捗状況が気になり、席を立ってうろうろすることしばしば。そのためなのか、不器用さのためなのかはわかりませんが、完成した作品には「歪み」がくっきりと。集中するって、難しいなぁ。

 

 最後のシェアタイムで話したこと。

 

 ワークはそれぞれよく工夫されていておもしろかったものの、「次はこれ」「次はこれ」「次はこれ」と、次々と与えられる課題に対して、その都度気持ちを切り替えて集中し、黙って取り組むというのは、なかなかにしんどいものだなと感じました。「次は国語」「次は算数」「次は理科」と、猫の目のように変わる時間割の中で、子どもたちにはしょっちゅう「集中!」とか言っているくせに……。

 

 努力は夢中に勝てない、とは為末さんの名言。

 

 与えられた課題に対する「集中」には「努力」が求められます。授業中、集中していない子どもに教師が投げかける「集中しよう」は、この集中です。言い換えると「努力しよう」になります。それに対して、自らの好奇心をベースにした、与えられたものではない課題に対する「集中」は別もので、これは為末さんがいうように「夢中」と置き換えることができます。

 

 整理します。集中には2つあります。

 

 夢中と呼べない、努力を要する集中。
 夢中と呼べる、努力を要しない集中。

 

 小学生の次女が、さっきまで夢中になってパラパラ漫画を描いていました。NHK連続テレビ小説なつぞら』の影響です。学校教育(特に授業)の中では、そういったことに夢中になれる場面って、なかなかありません。『「学校」をつくり直す』(河出新書、2019)などの著書がある、哲学者の苫野一徳さんが言っているように(嘆いているように)、現状、学校は「みんなで同じことを、同じペースで、同じようなやり方で」やるところです。そうだとすると、「自由」の中にしか存在しない「夢中」には、出る幕がありません。

 

f:id:CountryTeacher:20190826222730j:plain

酔り道

 過労死レベルで働く先生と、ときに集中はすれど、夢中にはなれない子どもたち。何なんですかね、これは。って、シェアタイムでは話しきれなかったことを夢中になって喋った、その日の帰り道(寄り道、酔り道)でした。

 

 Freedom for children!

 

 

走る哲学 (扶桑社新書)

走る哲学 (扶桑社新書)

 
「学校」をつくり直す (河出新書)

「学校」をつくり直す (河出新書)

 
「自由」はいかに可能か 社会構想のための哲学 (NHKブックス)

「自由」はいかに可能か 社会構想のための哲学 (NHKブックス)