田舎教師ときどき都会教師

テーマは「小学校教員の働き方と生き方」&「本、旅、人」

英語民間試験の延期に、それぞれの思い。それぞれの現場で。

日本語を学ぶイスラエル人と話していて、ふと気づいたことがあった。
彼が言った。
「日本の小学校の国語のテストの問題は変! おかしい!」
と。僕は何が変なのか訊いてみた。
「だって、イスラエルアメリカでは、テストの解答で求められるのは『筆者の意見』ではなくて、自分の意見だよ。日本のテストはおかしくない?」
(太田英基『僕らはまだ、世界を1ミリも知らない』幻冬舎文庫、2015)

 

 学級通信に太田英基さんの上記の文章を引用して次のように続けたら、教頭(♂)の癇に障ったらしく、朝から壮絶なバトルに。数年前の話です。

 

 よく知られていることですが、イスラエルにはギャップイヤーという制度があって、兵役を終えた若者は、1年から2年、場合によってはもっと長く、「外国を見て回る」というチャンスを得ます。イスラエル地政学的に陸の孤島となっていることから、井の中の蛙にならないようにと、若者が外の世界に出てパワーアップすることを、国を挙げて応援しているというわけです。

 

 では、日本は?

 

 残念ながら、同じ孤島であるにもかかわらず、ギャップイヤーの制度は話題にはなるものの、なかなか日の目を見ません。上記の本の著者である、企業家の太田さん(1985年生まれ)のように、制度に頼らず、個人で井の中から飛び出すしかありません。ちなみに、学生時代に「タダコピ」という斬新なサービス(コピー用紙の裏に企業広告を掲載することで、学生が無料でコピー機を使える仕組み)を立ち上げ、起業したことで知られる太田さんは、起業した会社を退職後、2年間50ヵ国の旅によって、(本を読む限り)かなりのパワーアップを遂げています。そのパワーアップした太田さんが「日本のテストはおかしくない?」というイスラエル人の意見に対して、何と答えたのか。

 

 読書の秋。

 

 世界を1ミリも知らないからこそ、子どもたちには本を手にとって、知らない世界のおもしろさに目を向けてほしいものです。

 

f:id:CountryTeacher:20191101203704j:plain

ガラパゴスに向かう船にはイスラエルの若者がいっぱい By 旅仲間

 

 副校長の「怒り」はこうです。学級通信にイスラエルのことを書くなんてどうかしている。きみはあの国のことをよく思わない人がいるのがわからないのか(?)。あの国がこれまでにどんなことをしてきたのか知っているのか(?)。このお便りは出すべきではない💢

  

 カッチーン💢

 

 教員生活十数年目にして初めて出会うパワハラ系の教頭。たまりにたまっていた「💢」に、療休に追い込まれた同僚の「💢」を加えて、強い口調で言い返してしまいました。

 じゃあ、国語の教科書に出ている『のどがかわいた』はどうなるんですか(?)。イスラエルが舞台ですけど。もちろん光村図書にも言ったんですよね(?)。あの国のことをよく思わない人がいるのがわからないのかって。あの国がこれまでにどんなことをしてきたのか知っているのかって。この教科書は出すべきではないって。まったく、そんな理由で「発禁だ!」なんて言われたら、ミッキーもイタマルも浮かばれませんよ。


 こいつ、のどのかわきを知らないんだ。
 教頭が、だ。
 

f:id:CountryTeacher:20191101220833j:plain

ガラパゴスの動物って、近づいても逃げないんだよね By 旅仲間

 

 まぁ、いいや。

 

 さて、「日本の小学校の国語のテストの問題は変! おかしい!」ではなく、「日本の大学の英語のテストの問題は変! おかしい!」と、おそらくは数年前に誰かが言ったのでしょう。その誰かのひとことが「英語の民間試験を大学入試に活用する」という具体的なかたちとなって勢いづき、昨夜までは「次年度からいよいよスタート!」という流れが「変えられない未来」としてほとんど決定事項になっていました。

 

 が、しかし。

 

 

 昨夜、東北大は英語の民間試験をすでに拒否していますよ、さすが母校だ、というブログを書きました。書き終えたのが深夜0時近く。力尽きて寝て、今朝起きたら「英語の民間試験、延期」という一報。急な展開にびっくり。でも、母校も拒否していたし、よいことなのかなと思いながら学校へ行って授業して帰ってきて自宅パソでTwitterを立ち上げたところ、次の tweet に目がとまりました。 

 

 

 太田さんだぁ。逆のことを書いている。おもしろい。と思って次のようにコメントしたところ、太田さんが返事を書いてくれましたぁ。感激🎵

 

 

 

 

 どちらが正しいのかなんて、どちらの現場も体験してみない限り、或いは対話しない限り、わからないものだなと思います。ひとつだけはっきりと言えるのは、一カ所に留まってガラパゴス化してはダメだということ。だからこそ、過労死レベルで働いているのはまずいなぁと思います。やっぱり、学校がヤバイではなく、世界がオモシロイから僕らは(定時に)帰る。そして、動く。

 

 僕らはまだ、世界を1ミリも知らないのだから。

 

 3連休だ~🎵

 

 

僕らはまだ、世界を1ミリも知らない

僕らはまだ、世界を1ミリも知らない