田舎教師ときどき都会教師

テーマは「小学校教員の働き方と生き方」&「本、旅、人」

歩むごとに見えてくる虚偽、所変われば教育変わる

 歩むごとに、ぼく自身と、ぼく自身の習って来た世界の虚偽が見えた。
藤原新也『 印度放浪』朝日文庫、1993)

 

 8月が終わってしまいました。この夏は家族で沖縄に行ったことがいちばんの思い出です。家族としてははじめての、個人としては10年ぶりの沖縄でした。ちなみに10年前のひとり旅のメインディッシュはこちら。旅先(カルカッタ)で知り合った日本人の女医さん(当時、沖縄在住)が橋渡ししてくれた、ちょっと変わった学校の見学です。

 

f:id:CountryTeacher:20190831004604j:plain

女医さんに勧められて、「Busy Bee School」の見学

 

 午前は米国の教科書を使って英語で学び、午後は日本の教科書や学習塾で使われているテキストを使って日本語で学ぶ。学習塾でもなく、国の補助を受けているわけでもない、ちょっと変わった幼・小学校。その名も Busy Bee School。当地では「日本で唯一の、幼児から始めるバイリンガル教育校」として知られています。

 

f:id:CountryTeacher:20190831223335j:plain

小学校3年生の社会の授業で使われていた教科書

 

 牛乳を飲みながら勉強していた1年生とか、黒板にびっしりと書かれた英文を黙々とノートに書き写していた3年生とか、世界の虚偽とまではいかないものの、遠く離れた沖縄の地で「所変われば教育変わる」感をたっぷりと味わった10年前でした。 なお、10年経った今も Busy Bee School は健在で、ホームページを見る限り、絶好調なようです。

 

f:id:CountryTeacher:20190831224814j:plain

所変われば品変わる。10年前の食事、With 女医さん🎵

 

 県をまたぐと食べ物も変わるし、教育も変わります。働き方も変わるし、学校のシステムも変わります。Busy Bee School を見た後には、公立小学校の3年生が受けている外国語「活動」の授業がおそろしく幼稚なものに思えてきます。場所を変えないと見えない景色がある。だから藤原新也さんのように「歩むごとに」って大切で、そういえば Busy Bee School を紹介してくれた女医さん(麻酔科医)も、ジョブ型のヨコの移動を繰り返していたなぁと思い出しました。それこそ「田舎医師ときどき都会医師」みたいな。

 

 

 我が子(♀、♀)にもその女医さんのように、専門的なスキルを身につけて、働く場所や生きる場所を自由に選べるようになってほしい。そう思います。放浪とかされるとちょっとイヤですが。あんまり遠くに行くなよ(!)、って。

 

f:id:CountryTeacher:20190831235917j:plain

令和元年8月、伊計島にて。あんまり遠くに行くなよ!

 

 Shane, comeback!

 

 

印度放浪 (朝日文庫)

印度放浪 (朝日文庫)