田舎教師ときどき都会教師

テーマは「小学校教員の働き方と生き方」&「本、旅、人」

コミュニケーションの本質とは、職員室から遠く離れて

 大学院で原研究室に進んで驚いたのは、いつ行っても研究室に誰もいなかったことです。ゼミなんていうものもなくて、原先生は学生のことにはまるで関心がなく、自分のことにしか関心がありませんでした。先生も先輩もいなくて、研究室は面白いほどに静かでした。誰も何も強制しないし、何も教えてくれない空白の場所でした。
 それが僕にとっては幸いでした。「自分でやるしかないんだ。自分で何か起こすしかないんだ」ということを思い知らされたからです。
 これは教育というものの本質にかかわるとても大事なことです。

隈研吾『僕の場所』大和書房、2014)

 

 夏休みの学校に特徴的なこと、それは、いつ行っても教室に誰もいないことです。授業なんていうものはなくて、先生も子どももいない。教室は面白いほどに静かです。誰も何も強制しないし、何も教えられない空白の場所。過労死レベルのハードワークを続けてきた身としては、

 

 そこはもう、パラダイス。

 

 そう思っていたのに、夏休み明け、子どもたちが教室に戻ってくると、何だかホッとするから不思議です。何なんだろうな、この感覚は。しばらくするとそんな感覚もなくなって、日常に呑み込まれていくのですが。

 

f:id:CountryTeacher:20190829221842j:plain

代官山蔦谷書店の中にある、カフェ&バー「Anjin」にて

 

 上記に引用した『僕の場所』の著者、建築家の隈研吾さんの話を聞きに行きました。といっても、5年前の話です。場所は代官山の蔦谷書店。Anjinで友人(♀️)とお茶をしてから、隣にあるイベントスペースに移動し、ほんの数時間前まで中国にいたという、ハードワーカーの隈さんの話に耳を傾けました。

 

「原さんはコミュニケーションの本質がよくわかっていた。」

 

 原さんとは、隈さんが学生のときに師事していた原広司(はらひろし)さんのこと。京都の駅ビルの設計などで知られる、日本を代表する建築家のひとりです。研究室を留守にすることがとても多かったという原さんを評して、隈さんは「アフリカで一緒に野宿したときの、原さんの建築談議のおもしろさといったらそれはもうなかった」と話していました。続けて「原さんはコミュニケーションの本質がよくわかっていた」云々。

 

 コミュニケーションの質は、シチュエーションに左右される。

 

 原さんはそのことがよくわかっていたからこそ、(おそらくはコミュニケーションに不向きな)研究室にあまり顔を出さなかったのだろう。隈さんのそんな話が印象に残りました。職員室に長くいることがあまり好きではない私にとっては免罪符的な話です。教育談議はアフリカにて。ちょっと遠いなぁ。

 

 シチュエーションのマジック。

 

 教室に戻ってきた子どもたちの姿を見てホッとするのは、シチュエーションのなせる技なのだろうなと思います。夏休みという「非日常」のかたまりが、フラットな「日常」に接続されるという、マジックアワー的な、レアなシチュエーションとしての今日。毎年のことですが、いい日だなぁって、これからはじまる過労死レベルの労働に向けて、エンジンがかかります。

 

 複雑……。

 

 願わくば、原さんのように、教育というものの本質にもとづいた「不在の力」とでもいうべきマジックを、初等教育に!

 

 

僕の場所

僕の場所