田舎教師ときどき都会教師

テーマは「小学校教員の働き方と生き方」&「本、旅、人」

太陽と、珈琲と、教え子と

 偉大なる天体よ! もしあなたの光を浴びる者たちがいなかったら、あなたははたして幸福といえるだろうか!

ニーチェ 著、氷上英廣 訳『ツァラトゥストラはこう言った(上)』岩波書店、1967)

 

 昨日、神田の神保町にある古書店街を歩いていたら、偶然、8年前の教え子に会いました。すれ違いざまに「先生!?」って。嬉しいものです。5年生のときに受けもった子で、誰だかわからないくらい、すっかり大人びた女性になっていました。

 

「太陽、まだ全部もっています」。

 

 そうそう、誰もが誰かの太陽(!)。懐かしい。「太陽」というのは、当時、ブログ代わり(?)にせっせと書いていた学級通信のことです。子どもたちの日々の振り返り(短作文)を毎週全員分載せていたので、クラスが解散した後も「捨てられない日記」のような気持ちでとっておいてくれる子が、ちらほら。

 

 彼女もそんな、太陽の一人。

 

 あたたまった心がさめないうちに、家に帰ってからすぐに「太陽」を引っ張り出し、久しぶりにパラパラと目を通してみました。

 

 夏休み明けの「太陽」より。

 

 保護者のみなさま、お久しぶりです。夏休み、いかがお過ごしでしたか。今日、子どもたちにも話した、担任の夏の思い出をひとつ、紹介します。

 8月の半ばに北信州の野沢温泉に行ってきました。到着したその日の夜に次女が体調を崩し、翌日にとんぼ返りする羽目になったのですが、時間の許す限り街のあちこちにある公衆浴場(共同浴場)に妻と交代で足を運んできました。こんなところです。

 

f:id:CountryTeacher:20190821214230j:plain

街のあちこちにある公衆浴場(共同浴場

 地元の人や旅行者で賑わう、江戸時代から続く公衆浴場。熱気にむせかえる場であつ~いお湯に身を浸していると、昔、ある本で読んだ歌が頭に浮かんできました。

 

 意見を異にする人々の熱気にむせかえる場では
 言論の自由は許されてしかるべきもの

 それこそが公衆浴場

 なぜなら他のいったいどこで
 これほど自由に談ずることができよう

 

 上記「公衆浴場」のところを「コーヒー・ハウス」に置き換えると、臼井隆一郎さんの『コーヒーが廻り世界史が廻る』という本に出てくる歌になります。1652年にロンドンで誕生した一軒のコーヒー・ハウス。その「場」が人々をつなぐハブとなり、公権力に対する「世論」という新たな近代的権力ファクターを生んだ。そういった話です。

 

コーヒーが廻り世界史が廻る―近代市民社会の黒い血液 (中公新書)

コーヒーが廻り世界史が廻る―近代市民社会の黒い血液 (中公新書)

 

 

 現代でいえばTwitterFacebookなどのSNSに相当するでしょうか。コーヒー・ハウス的、SNS的な可能性を秘めていた公衆浴場。江戸時代に日本を訪れた、トロイア遺跡の発掘で知られるハインリッヒ・シュリーマンは、次のように記しています。

 

 この点について、日本の権力者たちは、長い経験と人間性についての洞察によって、ある完全な答を得ていたにちがいない。彼らは、公衆浴場で民衆が自由にしゃべりたいことをしゃべっても、国家安泰にはいっこうに差し支えがないと、判断したのである。

ハインリッヒ・シュリーマンシュリーマン旅行記 清国・日本』講談社学術文庫、1998)

 

 国家安泰に差し支えのなかった公衆浴場。
 国家安泰に差し支えたコーヒー・ハウス。

 

 パラフレーズすれば、熟議の苦手な日本社会と議会(パーラメント)を生んだ欧米社会という図式になります。

 

 熟議の5年1組。

 

 昨年、菅直人首相が国会での所信表明演説で「熟議の国会」という言葉を使っていました。今日からはじまる前期の後半戦、国会に負けず劣らず、熟議のできるような学級を目指して、指導に支援に力を入れていきたいと思います。ご協力、引き続きよろしくお願いいたします。

 

f:id:CountryTeacher:20190821004755j:plain

田舎教師、フラッと都会へ。壹眞珈琲(神保町店)にて。

 

 8年前は、明るい未来をもたらすものとして期待され、脚光を浴びていた「熟議」という言葉。文部科学省も「子ども熟議」なんて言っていましたが、最近はほとんど耳にしなくなりました。学校でも聞かないし、国会についていえば、報道を見聞きする限り、熟議という概念の予兆すら感じられません。

 

 栄枯盛衰は世の習い。

 

 熟議の代わりによく耳にするようになったのは、対話という言葉です。主体的・対話的で深い学び、云々。でも、目指すべきところは熟議と同じような気がします。そうだとしたら、言葉としての運命も、きっと熟議と同じです。

  
 8年後は、どんな言葉が未来をまとって登場してくるのか。

 8年後は、誰が大人びた服をまとって声をかけてくるのか。

 

  I'd like some more coffee! 

 

ツァラトゥストラはこう言った 上 (岩波文庫 青 639-2)

ツァラトゥストラはこう言った 上 (岩波文庫 青 639-2)

 
シュリーマン旅行記 清国・日本 (講談社学術文庫 (1325))

シュリーマン旅行記 清国・日本 (講談社学術文庫 (1325))