田舎教師ときどき都会教師

テーマは「小学校教員の働き方と生き方」&「本、旅、人」

新文科相の就任会見の記事を読みながら考えたこと

 残された学生時代の詩や作文、官僚時代の福祉についての論文を一つひとつ繙くと、行政側に立ったひとりの良心的な人間が福祉切り捨ての時代のなかで自己崩壊していく過程が感じられました。このように、取材で発見したものを構成に組み込むことで、番組はより複雑な現実に対峙できる強度を持つ、ということを僕はこのとき身をもって実感しました。
 それは、自分の先入観が目の前の現実によって崩される、という快感でもあったのです。
是枝裕和『映画を撮りながら考えたこと』ミシマ社、2016)

 

 やや都会寄りの田舎にある小学校で働いていたときの同僚に、もとそろばん日本一という異色の経歴をもった先生がいました。10487✕38535なんて問題にも即答できてしまう、ハイスペック(?)な新卒の女の子です。日本一だった頃は、休日になると10時間以上も計算を続けていたそうで、「そんなにハイスペなのに、なぜ教員に?」という「?」も含めて、ほんと、驚きの「異端なスター」でした。しかも、かわいい。

 

 計算力と集中力。

 

 そろばんで培った力は計算力と集中力とのこと。教員の仕事がスタートしてからというもの、計算力はあまり使い道がなかったようでしたが、集中力については使い道がたくさんあったようで、とにかく仕事がスピーディーかつ正確。仕事も計算も同じなのか、オーダーがあればすぐに処理というスタイルで、仕事も机の上もいつもきれいに片付いていました。ベテランだって仕事に追われるのに、いわんや初任をや。そんな先入観が目の前の現実によって崩される、という快感を味わうことができた数年間でした。

 

f:id:CountryTeacher:20190913194532j:plain

そろばん日本一だった先生と一緒に働いた小学校にて

 

 もとそろばん日本一で、テレビにも出演したことがあるという、ハイスペックな彼女でしたが、10年くらい前に結婚し、教職を去ります。日本一の集中力をもってしても、初任以降、増え続けていく仕事には、教職を続けるという選択肢を断念させるだけの複雑な現実があったようで、周囲の「もったいない」という声をよそに、それこそZOZOTOWN前澤友作さんに負けないくらいの潔さでスパッと辞めてしまいます。

 

 それが現実。

 

 9月11日の新文科相の発言「学校現場が大変だという先入観を持たれてしまっている一面がある」というコメントに、現場からの批判がチラホラと聞こえてきます。学校の働き方改革については「その推進に意欲」という記事が出ていたので、期待したいところですが、やはり「先入観」という言葉は気になります。だって、学校現場が大変なのは圧倒的な事実であり現実ですから。

 

 日本一の先生も続けられませんから。
 私の妻も休職しましたから。

 

 教員になりたいっていう人がたくさんいる社会。そんなにハイスペ「なのに」なぜ教員に(?)ではなく、そんなにハイスペ「だから」教員に、っていう社会。そういった理想的な社会の実現を、働き方改革を進めることで少しでもかたちにしていってほしいなぁと、新しいリーダーに期待したいところです。「先入観」が目の前の現実によって崩される、という未来への期待とともに。

 

 以上、新文科相の就任会見の記事を読みながら考えたこと。

 

 

映画を撮りながら考えたこと

映画を撮りながら考えたこと