田舎教師ときどき都会教師

テーマは「小学校教員の働き方と生き方」&「本、旅、人」

会おうと思えばいつでも会えると思える人には、絶対に会えない

 小学生の学力が低下したとか言われているけれども、テストの点数に一喜一憂するよりも、もっと大切なものがあることを忘れてはいけない。小学校6年までの教育では、周りにいる人間が仲間なんだ、という意識を身につけることが決定的に重要なんだよ。人間はその仲間意識さえ持っていればそれからの人生は大丈夫なんだから、と言うのです。
上田紀行『かけがえのない人間』講談社現代新書、2008)

 

 先日、といっても少し前ですが、教え子から「2人がドイツに遊びに来てくれて、4年生のときの話をたくさんしました🎵」というメッセージをもらいました。当時は10歳、現在は20歳。地元の公立中学校を卒業した後に単身ドイツに渡り、バレエで生計を立てながら、ビール片手に「もうすっかりドイツ人」的なポジションを獲得しているたくましい教え子です。遊びに来てくれたという2人も当時のクラスの教え子で、進級&進学後はクラスも学校もバラバラになり、なかなか会う機会もなかったようですが、今夏、4年生のときの仲間意識に導かれるように異国での再会と相成ったようで、嬉しく思いました。

 

 会おうと思えばいつでも会えると思える人には、絶対に会えない。

 

 学生のときに贔屓にしていたアングラ劇団の劇で聞いた台詞です。SNSのおかげで再会までの道のりは随分と短くなったものの、異なる日常を送っている者同士が再会を果たすためには、それなりの思いと、それなりのエネルギーが必要です。絶対に会えない、という壁を乗り越えて、遠くドイツまでわざわざ会いに行った教え子に、そしてそのことを報告してくれた教え子に「仲間意識さえもっていればそれからの人生は大丈夫」ということを教えてもらった、夏の終わりでした。

 

f:id:CountryTeacher:20190913232337j:plain

ラピュタみたい、その昔、ダージリンにて

 

 世間は三連休ですが、こちらは土曜授業で今日も出勤。過労死レベルで働く毎日と、瞼の重い、いつもの朝。

 そんなわけで、いつ過労死してもおかしくないなぁと感じはじめてからというもの、会おうと思えばいつでも会えると思える人には、会いたいと思ったときに「即」連絡して、時間をつくって会いに行くようにしています。

 授業が終わったら、そして来週の授業準備の目処がついたら、今夜は、むか~し昔にインドのダージリンで出会った旅人に会ってきます。

 

 楽しみだ😊

 

 

かけがえのない人間 (講談社現代新書)

かけがえのない人間 (講談社現代新書)