田舎教師ときどき都会教師

テーマは「小学校教員の働き方と生き方」&「本、旅、人」

クリエイティブとは、勇気のこと

 あるとき、人にだまされるのは、だまされる側がだまされやすいからで、それをさけるには、幼いときに、だまされて口惜しい思いをするのがいちばんである。危険をさけるには、危険を経験するよりほかに手はない。こどもには適度の危険教育は必要ではないのか、と考えた。そして五銭のレントゲンのことを思い出した。

外山滋比古『少年記』中公文庫、2011)

 
 外山さんの『少年記』より。少年の頃、お祭りの出店で買ったレントゲンがまがいもので、「子ども心にあの出店のじいさんが許せないと思った。でも~」という話です。でも、そのおかげで、オレオレ詐欺にはひっかからないような老人になった、云々。

 

 若いときの「適度な危険」は買ってでも経験せよ。

 

f:id:CountryTeacher:20190822161131j:plain

若いときに、ゴアのビーチにて

 

 若いときに、インドにて。ボンベイから夜行バスでゴアに向かっていたときのこと。バスの中には大勢のインド人と私(♂)。それから日本人(♀)がもう一人。前後の文脈は忘れましたが、途中、そのもう一人の日本人の女性に「えっ? 何しに行くの?」と言われ、引かれる、ということがありました。「ドラッグが目的でもないのに、わざわざゴアまで行くの?  いったい、何なのキミは?」みたいな。後で知ったことですが、当時、ゴアのビーチの一部は「そういうところ」だったらしく、世界各国の「そういう」若者であふれていたとのこと。ヒッピー風の、いかにもという感じではなく、どちらかというと図書館にでもいそうなタイプのきれいなお姉さんだったので、逆にこちらが引いてしまいました。

 

 お姉さん「一緒に行かない?」
 田舎教師「いえ、結構です。」

 

 勇気がなかっただけです。せっかく「きれいなお姉さん」に誘ってもらったのに。もしもあのとき一緒に行っていたら、かつて「東洋のローマ」と呼ばれたゴアで、「ローマの休日」に匹敵するようなアバンチュールを体験できていたかもしれません。まぁ、後の祭りですが。記憶は都合よく書き換えられ、そのきれいなお姉さんはもうすっかりアン王女(オードリー・ヘップバーン)になっています。

 

 いや、でもドラッグはダメだろ。

 

 絶対、ダメ。

 

 しかしです。ドラッグの話はさておき、テーマ(小学校教員の働き方、生き方)につなげると、こんなふうに思います。小学校の働き方改革を含む、世の中の多くの改革がなかなか進まないのは、私を含め、若いころに「適度な危険」を経験したことのない大人が組織のマジョリティを占めているからなのだろうなぁ、と。たった一日とはいえ、王室の、ひどく過酷でストレスフルな境遇から抜け出したアン王女には、間違いなく「適度な危険」を経験してみようという勇気がありました。 勇気がなければ、今までとは違う新しい生き方も、クリエティブな働き方もできません。

 

 クリエイティブとは、勇気のこと。

 

 昔、誰かが言っていました。

 

 なるほど。

 

少年記 (中公文庫)

少年記 (中公文庫)

 
ローマの休日 (字幕版)

ローマの休日 (字幕版)