田舎教師ときどき都会教師

テーマは「小学校教員の働き方と生き方」&「本、旅、人」

過労死レベルという言葉を必要としない、あたらしい日を!

 ある単語の不在は、出発点ではなくて結果である。 たとえば、「オオカミ」という単語をもたない言語があるとすれば、それはその言語の使い手たちが、オオカミを特別に認識する必要をもたなかったからに過ぎない。認識の必要だけでなく、さまざまな事例ごとにさまざまな事情があるだろう。それは個別に検討してみなければ分からないことである。
 思考する主体は常に何らかの現実のなかにいる。だから言語が思考を直接に規定するということは考えられない。言い換えれば、言語の規定作用を、思考という規定されるものへと直接に差し向けることはできない。
國分功一郎『中動態の世界』医学書院、2017)
 

 

 〇月△日。ネパールの首都カトマンズでひどい食中毒にかかる。下痢と嘔吐で三日三晩のたうち回った後、バイクタクシーとバスを乗り継ぎ、文字通り這うようにして帰国便の待つインドの首都デリーへ。飲まず食わずのままようやくたどり着いたエアポートホテルで、引き続き強烈な吐き気と空腹感に襲われつつも「バナナなら食べられるかもしれない」とその旨消え入るような声でスタッフに頼んだところ、約30分後、ベッドサイドに運ばれてきたのは……。 

 

 バターナン!

 

 バナーナとバターナン、確かに似ているかもしれません。その後の記憶はなく、銀色のプレートに載ったギトギトしたバターナンとターバンを巻いたおじさんの笑顔だけが今でもベットリと脳裏に焼き付いています。

 

 No!(食えるか!)

 

f:id:CountryTeacher:20190904195335j:plain

世界遺産スワヤンブナートから望むカトマンズ(00年)

 

 のたうったりって、どういう意味ですか?

 

 昨日、クラスの子(4年生)にそう聞かれました。国語の授業のときに『ぼくは川』という阪田寛夫さんの詩を読み、感じたことを互いにシェアしていたときの話です。

 

 ぼくは川

 真っ赤な月にのたうったり

 砂漠のなかに乾いたり

 

 詩を朗読した後に、フランツ・カフカの短篇『橋』の冒頭の一節「ぼくは橋だった」を思い出して、思わず子どもたちに紹介してしまったという話はさておき、解釈の多様性を味わうという目的でその『橋』を題材に国語の教員研修を行ったときに、教務主任が「橋が名字で、だったが名前かもしれない」とちょっとおもしろいことを言っていたことを思い出してしまったという話もさておき、阪田寛夫さんの『ぼくは川』は、フランツ・カフカに負けず劣らず、ちょっと陰があって、4年生には「背伸び」のし甲斐があるよい教材です。

 

 辞書で調べましょう。

 

 子どもにはいつものようにそう言って返しました。ネパールでのたうち回った話をしようかとも思いましたが、フランツ・カフカの『橋』の話ですでにかなり脱線してしまっていたため、それは断念。それにしても、過労死レベルの労働にのたうっている我々からしてみれば、のたうった経験がないっていうのは、それはそれでしあわせなことなのかもしれないなぁと、國分さんの本に書かれていたことを思い出しつつ、そう感じました。

 

 ある単語の不在は、出発点ではなくて結果である。 

 

f:id:CountryTeacher:20190904213230j:plain

ボダナート(仏塔)に赴き、あたらしい日を願う。

  

 夏休み明けの今週、相当にハードで、毎日のたうっていました。

 

 過労死っていう言葉も、

 過労死レベルっていう言葉も、

 

 特別に認識する必要のない、あたらしい日を!

 

 

阪田寛夫詩集 (ハルキ文庫)

阪田寛夫詩集 (ハルキ文庫)