田舎教師ときどき都会教師

テーマは「小学校教員の働き方と生き方」&「本、旅、人」

学校は午前だけでよい。アカデミック・スマートではなく、ストリート・スマートを輩出する教育とは?

 今後、日本の経済力が上がるかどうかは、ストリート・スマートをどれだけ輩出できるかにかかっているといってもいい。
 ところが日本の教育界はこの期に及んで、まだアカデミック・スマートを育てることしか頭にないようだ。
大前研一『マネー力 資産運用力を磨くのはいまがチャンス!』PHPビジネス新書、2009)

 

 2001年、春。ラオスの首都ビエンチャンの郊外をフラフラしていたときのこと。近くにある民族博物館にでも行こうかなと思った矢先、見るからにツーリスト・フレンドリーな高校生と知り合いました。

 

 ウドンくんです。

 

f:id:CountryTeacher:20190921200859j:plain

ウドンくん(向かって左から3番目)

 

 流暢ではないものの、英語も日本語もそれなりにできるウドンくん。どこで覚えたの(?)と訊ねると、ストリート(!)とのこと。カッコいいなぁ。いわゆるアカデミック・スマートではなく、ストリート・スマート。人生で必要な知恵はすべて幼稚園の砂場で学んだ、という本がありますが、ウドンくんの場合は、

 

 人生で必要な知恵はすべてストリートで学んだ。

 

 日本語についていえば、おそらくは自分の名前が日本の食べ物と同じだということを誰かに教えてもらい、そのことをネタに私のようなツーリストと仲よくなっているのだろうなぁと思います。

 これこそ「生きる力」であり「主体性」であり「学びに向かう力」です。大切なのは板書がどうのとか、発問がどうのとか、そういった過労死レベルの修業を個人に強いるような「教え方」云々ではなく、行政とタイアップして十分な量のマネーを投入する教育学的環境づくり。イエナプラン教育の生みの親であるペーター・ペーターゼンもそう言っています。たぶん。

 ネタついでにウドンくんの自宅でバケツに入ったうどんらしきものをご馳走になり、その後、ウドンくんの通う学校へ。

 

f:id:CountryTeacher:20190921201301j:plain

ウドンくんの通う中学校&高校

 

 当時の日記に「学校に着いてから校長先生に紹介され、その後、授業を見せてもらう」とあります。生徒が突然連れてきた外国人に対しても驚くほどに寛容で、フレンドリーな学校&校長先生&生徒たち。これもゆとりのなせる業?

 その校長先生が、第二次世界大戦前後のラオス史に関する歴史の授業を見せてくれました。校長先生も授業をするっていうところが、よい。担任の空きコマが増えるから、よい。

 電気も扇風機もない狭い教室で、ときおり私のために英語を交えながら進められていく講義型の授業。日本のような、いわゆる無償配布の教科書がないという事情もあってか、校長先生が語り、生徒はただ黙々とノートをとるだけの授業でしたが、みな真剣そのもの。

 

 教室の暑さと、間断なく続く鉛筆の音。

 

 途中、原爆の話が出てきて、校長先生「大変でしたね」、私「はい」というような目配せレベルのやりとりがあったり、黒板に描かれたキノコ雲を見てやっぱり世界史的な惨事なんだよなぁと思ったり。

 

f:id:CountryTeacher:20190921231459j:plain

人気者のウドンくん、校庭と教室にて

 

 授業が終わると、ウドンくんたちは軽食を楽しみ、その後は男女でスポーツ(遊び)に興じていました。日本の子どもたちよりもラオスのような国々の子どもたちの方が目が輝いている、みたいな話を聞くことがありますが、小学生についていえば、あまり変わらないような気がします。違うのは、中高生かな。ウドンくんをはじめとする中高生、おもいっきり無垢な感じでした。これも学校(だけ)が子どもたちを囲おうとせず、アカデミック・スマートを育てることにそれほど意欲的ではないからなのかなぁと思います。大切なのは、家族や仲間とゆるやかにつながりながら、自分らしく生きていくこと。

 

 

 一昨日の夜に師匠とも話しましたが、学校は午前だけでよい。午前に5時間、そして午後はちょっとだけ。そうすれば、驚くほどの変化が起こります。ガンジー曰く、あなた自身が、見たいと思う変化になれ。

 

 そう思いませんか?

  

 

マネー力 (PHPビジネス新書)

マネー力 (PHPビジネス新書)

 
人生に必要な知恵はすべて幼稚園の砂場で学んだ (河出文庫)

人生に必要な知恵はすべて幼稚園の砂場で学んだ (河出文庫)