田舎教師ときどき都会教師

テーマは「小学校教員の働き方と生き方」&「本、旅、人」

教員の過労死は対岸の火事? 誰にも止められなかったんだ。

 このハトはリョコウバト(PASSENGER PIGEON)と呼ばれ、19世紀の北アメリカだけでも、何百億羽という数で棲息していたという。絶滅して、今その姿を見ることはできない。美しく大きかっただけでなく、その肉は脂がのって柔らかく非常に美味であったことが、ハトにとって禍いした。初期は珍しがられて高値を呼び、人は争ってこの鳥を殺した。
 ~中略~。
 ジョン・ジェイムズ・オーデュポンが描き残してくれた大冊の画集『ザ・バース・オブ・アメリカ』の中の一枚に、一番のリョコウバトの美しい姿がある。
 西日の射す窓辺の、私の机の上に開かれたページの、水彩の色も褪めかけた淡淡とした鳥の姿に、私は今見惚れて飽くことがない。
稲見一良ダック・コール』ハヤカワ文庫、1994)

 

 レイ・ブラッドベリの『刺青の男』をモチーフにした、稲見一良さんの連作短編集『ダック・コール』より。

 

ダック・コールを読んだことはありますか?」

 

 鴨笛を意味するタイトルを冠した『ダック・コール』を読んだのは、今から7年前。土曜参観日の道徳の授業(自然愛と環境保全/6年生)の後に、労いの言葉に続けて「ダック・コールを読んだことはありますか?」と保護者(♂)から声をかけられたことがきっかけです。環境保全の仕事を生業としていた素敵なパパさん。授業に対するフィードバックは嬉しいもので、休み明けに早速お借りして、ワクワクしながら読んだことを覚えています。

 

 リョコウバトのことが出ている!

 

 連作の第2話「パッセンジャー」に、道徳の授業のときに取り上げた「リョコウバト」のことが出ていました。だから勧めてくれたんだ、と驚きつつ読み進めていくと、今度は「ジョン・ジェイムズ・オーデュポン」という名前が出てきて、二度びっくり。オーデュポンといえば、もちろん『オーデュポンの祈り』。言わずと知れた、小説家の伊坂幸太郎さんのデビュー作です。

 

 気になって、読み返してみました。

 

オーデュボンの祈り (新潮文庫)

オーデュボンの祈り (新潮文庫)

 

 

「誰も止められない、ということだ」
「何をだよ」
「悲しい結末に向かうことをだ」

 

 もしかしたら『ダック・コール』からヒントを得たのかもしれません。伊坂幸太郎さんの『オーデュポンの祈り』にも、タイトルを裏切ることなくリョコウバトにまつわるエピソードが出てきます。

 

 そういえば読んだなぁ、これ。

 

 以前に読んだことがあったのに、タイトルだけはしっかりと覚えているのに、内容もリョコウバトのこともすっかり忘れていて、三度目のびっくり。記憶が消える、悲しい結末。でも、思い出したからよしとします。登場人物曰く「リョウコウバトが消える結末は、誰にも止められなかったんだ」云々。

 

f:id:CountryTeacher:20191027063700j:plain

白石川より、樅ノ木(船岡城址公園)と一目千本桜を望む(2005.4.26)

 

 稲見一良さんの『ダック・コール』は、過去に山本周五郎賞(第4回)を受賞していて、伊坂幸太郎さんも『ゴールデンスランバー』で同賞(第21回)を受賞しています。山本周五郎といえば、NHKの大河ドラマにもなった『樅ノ木は残った』がいちばん有名でしょうか。同著にゆかりのある樅ノ木は、宮城県柴田町にある船岡城址公園に行くと、まだ目にすることができます。

 

 樅ノ木は残った、でもリョコウバトは残らなかった。

 

 台風や大雨の影響で、河川が氾濫し、関東や東北のあちらこちらで大変なことになっているここ数日。過労死レベルで働いていると、余裕のなさがそうさせるのか、ニュースを見ても「対岸の火事」としてしかとらえることができません。きっと、教員の過労死も、過労死レベルの労働も、変形労働時間制の導入も、教員以外の人たちにとっては「対岸の火事」なのだろうなと、ブーメランのように返ってくる同じ構造に、やるせなさを覚えます。

 

 教育学部の志願者が消える結末は、誰にも止められなかったんだ。
 教員を希望する人が消える結末も、誰にも止められなかったんだ。
 

 日曜日の今日も(持ち帰り)仕事。

 

 普通の生活がしたいという、現職教員の祈り、届くでしょうか。

 

 

ダック・コール (ハヤカワ文庫JA)

ダック・コール (ハヤカワ文庫JA)

 
刺青の男〔新装版〕 (ハヤカワ文庫SF)

刺青の男〔新装版〕 (ハヤカワ文庫SF)

 
樅ノ木は残った(上) (新潮文庫)

樅ノ木は残った(上) (新潮文庫)

 
樅ノ木は残った(中) (新潮文庫)

樅ノ木は残った(中) (新潮文庫)

 
樅ノ木は残った(下) (新潮文庫)

樅ノ木は残った(下) (新潮文庫)

 
ゴールデンスランバー (新潮文庫)

ゴールデンスランバー (新潮文庫)