田舎教師ときどき都会教師

テーマは「小学校教員の働き方と生き方」&「本、旅、人」

映画『HELLO WORLD』と髭ダンと崩壊する日本の公教育

「真に理性的な社会では、我々の中で最も優秀な者が教師になり、それ以外の者は他の仕事で我慢せざるを得ないであろう」。そう言ったのはアメリカの伝説的経営者、リー・アイアコッカ(Lee Iacocca)だ。教育関係者に限らず、この言葉に頷く人は少なくないだろう。何かと話題になるフィンランドの教育について、私は多くを知らない。ただ、同国の高校生の間で最も人気のある職業が教師だと聞いて、なんて健全な社会だろうと感心する。
(鈴木大裕『崩壊するアメリカの公教育』岩波書店、2016)

 

  以前からひいきにしている  Official髭男dism(髭ダン)のライブ・チケットが、人気急上昇のために、なかなか手に入らなくなってしまいました。10月からはじまる単独ツアーに何度も申し込みましたが、昨日の夕方に「厳正なる抽選を行った結果、残念ながら今回はチケットをご用意することができませんでした」という5回目の落選通知が届き、がっかり。もうすっかりメジャーなバンドになってしまったなぁと、小学生にも知られるようになった髭ダンの成長ぶりに、我が子の成長と同じような「嬉しさ半分、寂しさ半分」の感情を覚えます。田舎と都会を行ったり来たりする人生の中で、かれこれ5回受けている教員採用試験には一度も落ちたことがないのに。

 

 髭ダンは高倍率。
 教ダンは低倍率。

 

 なんて不健全な社会だろうと感心します。教ダンに立つよりも髭ダンのライブ会場に立つほうが難しいなんて。まぁ、髭ダンの人気は問題ではないのですが。問題は、教ダンの不人気。

  

f:id:CountryTeacher:20190928193929j:plain

VIVA LA ROCK 2019 と 日本武道館(髭ダンのライブ🎵)

 

 今年はもう、髭ダンのライブに行くチャンスがなさそうなので、今朝、映画館に足を運んで『HELLO WORLD』(伊藤智彦 監督)を満喫し、同時に髭ダンの新曲「イエスタデイ」も満喫してきました。

 

映画  HELLO WORLD 公式ビジュアルガイド

映画 HELLO WORLD 公式ビジュアルガイド

 

 

「イエスタデイ」は『HELLO WORLD』の主題歌のひとつです。髭ダン曰く「映画の世界観が一瞬で好きになった」云々。映画を観た後に歌詞を読み直したところ……。当たり前といえば当たり前ですが、おもいっきり映画の内容とリンクしていることに気づきました。

 

 何度失ったって 取り返してみせるよ

 雨上がり 虹がかかった空みたいな君の笑みを

 例えばその代償に 誰かの表情を曇らせてしまったっていい

 悪者は僕だけでいい

 

 少しネタバレになりますが、歌詞中の「僕」と「誰か」がイコールでつながっているところが『HELLO WORLD』のストーリー展開の肝というか、SF的なややこしいところです。

 

 僕=未来の自分
 誰か=過去の自分

 

 あ~、ややこしい。未来の自分がやってきて現在の僕(未来の自分から見ると過去の自分)の恋を助ける。しかしその助けには、過去を書き換えることによって「虹がかかった空みたいな君の笑みを取り返す」という未来の世界での目的がある。そしてその目的を達成した後には、現在の僕(過去の自分)の表情を曇らせてしまうようなカタストロフィーが起こることを、未来の自分は最初から知っている。つまり、

 

 誰かの不幸を土台とした幸福ってOKか(?)という話。

 

 犠牲を選ぶか、幸福を選ぶか。アルベール・カミュの『ペスト』にも出てくる、古典的な問いかけです。ちなみに『ペスト』では、登場人物の一人である若い新聞記者のランベールに《自分一人が幸福になるということは、恥ずべきことかもしれない》と語らせ、新たなモラルを獲得したセクシーな「真の主人公」としての役回りを担わせます。そしてそれは『HELLO WORLD』も同様で、未来の自分が考えを改め、ランベールと同じカッコいい役回りを担うようになります。詳しくは、映画館で!

 

 きっとここは、まだ誰も知らない、新しい世界。

 

 うろ覚えですが、崩壊しつつある世界を立て直すために奮闘した「僕」が最後に口にする台詞です。

 教師のプライド発言に続いて、あいちトリエンナーレへの補助金不交付の決定など、萩生田文部科学大臣の暴走が続いています。崩壊しつつある日本の公教育のために、まだ誰も知らない、リー・アイアコッカいうところの「真に理性的な社会」の実現を、未来の文部科学大臣に期待したいところです。  

 

 HELLO WORLD

 

 

崩壊するアメリカの公教育――日本への警告

崩壊するアメリカの公教育――日本への警告

 
ペスト (新潮文庫)

ペスト (新潮文庫)