田舎教師ときどき都会教師

テーマは「小学校教員の働き方と生き方」&「本、旅、人」

「だれもが関わり合えるように」の対極にある「知らないから何でもできてしまう」という変形労働時間制について。

 そのころ農家を回って聞いた話はショッキングだった。アメリカでは既に禁止されていた農薬を使い続けて意識障害を発病した農家の人の話、自家消費の野菜には絶対に農薬は使わない、という彼らの告白。気づいたのは、「知らないから何でもできてしまう」という真実だった。出荷する野菜をどこの誰が食べるか知らないから、農薬を使うことに抵抗がない。逆に、食べる人の顔を知っていることが「抑止力」になるのだ。だから、消費者の側から「抗議」するのではなく、消費者と生産者をつなげることが変化を起こす一番の早道なのだ、と。
博報堂大学 幸せのものさし編集部『幸せの新しいものさし』PHP研究所、2010)

 

 毎年この時期になると東北地方の太平洋沿いにある小さな漁師町から「秋の便り」が届きます。サンマです。漁師町にある小学校で教師をしていたのはもうかれこれ20年近くも前のことですが、離任した後も、そして千年に一度の大津波が町を襲ってからも、変わらず気にかけてくれる漁師さんたちの懐の深さに、お腹はもちろんのこと、胸がいっぱいになります。生産者との顔の見える関係。しあわせです。

 

f:id:CountryTeacher:20190923195914j:plain

敬老の日に、義父母を招いて秋刀魚を味わう🎵

 

 その昔、送られてきたサンマを突っついてキャーキャー言っていた長女も、今では「パパ、塩焼きでいい?」なんて言って、勝手に焼きはじめているから驚きです。いつの間にこんなに成長したんだろうって。それはもちろん、

 

 残業している間に(涙)。
 しかもほぼ無賃で(涙)。

 

 長女がキャーキャー言っていた頃に、教育系の出版社が主催する教材情報交換会に参加し、テストやドリルをつくっている人たちに会ったことがあります。どういったバックグラウンドをもつ人たちが、どのような思いでそれらをつくっているのか。出版社サイドの人たちにとっては、テストやドリルがどのように使われ、どのように子どもたちの成長に役立っているのか。お互いにそういったことがわかり、とても勉強になったことを覚えています。

 

 ポイントは「お互いに」ってところ。

 

 お互いのことをよく知っていれば、どちらかが「ふしあわせ」になるようなことはしづらくなります。引用にもあるように、顔の見える関係は「抑止力」になるからです。ちなみに「しあわせ」とは、作家の玄侑宗久さんの言葉を引けば、本来《他者と仕合うことがうまくいった》ときに感じるもの。

 だから教育制度をつくっている人たちと教育現場で働いている我々が、互いに知り合い、そして関わり合い、うまく仕合うことができれば、私たちの「見たい」変化が起こるかもしれないのに、と思います。話題の変形労働時間制なんて、どうひいき目に見ても「知らないから何でもできてしまう」感が拭えないしろものです。過労死レベルで働く私たちが、そして私たちの家族が、どんな状況にあるのか知らないから、変形労働時間制によって「月に100時間残業しても残業代として8000円しか支給されない」というショッキングな現状が温存されてしまうことに1ミリも抵抗がない。 

 

 

f:id:CountryTeacher:20190924222036j:plain

関わり合う豊かさ、カンボジアのボンコック湖にて(01)

 

 
 国語の単元に、こうあります。
 だれもが関わり合えるように。

 

 小学生に求めていることを。

 

 私たち大人にも。

 

 

幸せの新しいものさし

幸せの新しいものさし

 
しあわせる力 角川SSC新書 禅的幸福論

しあわせる力 角川SSC新書 禅的幸福論