田舎教師ときどき都会教師

テーマは「小学校教員の働き方と生き方」&「本、旅、人」

気候変動問題も変形労働時間制も、全くセクシーじゃない!

 クラブブームだった90年代前半、学生らを連れていくと、すぐ踊れる学生と踊れない学生が分かれた。連れていく前から、誰が踊れ、誰が踊れないか、見当がついた。
 ゼミで優秀な発言をする学生こそ「踊れる身体」を持っていてほしいと私は望んだ。期待を抱かせる学生たちもいたが、クラブに連れていくと大方期待は裏切られた。裏切られた後、私は、裏切った彼らや彼女らの「秀逸な発言」を、「割り引いて」聞くようになるのだった。
宮台真司『 〈世界〉はそもそもデタラメである』メディアファクトリー、2008)

 

 学生時代の研究室に、学士から修士修士から博士と飛び級を繰り返し、その後すぐに日本学術振興会の特別研究員として渡仏していった先輩がいました。学生結婚をしていて、第一子はフランスで在外出産に挑戦するなど、研究もプライベートも雲の上の先輩でした。その後、東京大学の准教授を経て、現在は産業技術総合研究所の地圏資源環境研究部門で研究グループ長として活躍しています。博士課程前期までは遊びまくっていたという、楽しく、カッコよく、セクシーだった先輩。

 

 優秀なだけでなく、踊れる身体を持っていました。

 

 教え子の中にもときどきそんなセクシーな子(♂、♀)がいて、同僚として一緒に働いたら楽しいだろうな、なんて思うこともしばしばです。しかし今のところ、セクシーさの有無にかかわらず、誰も教員を志望しようとしません。

 田舎教師のときの教え子がひとり、数年前に都会教師(小学校)になったものの、1年も経たないうちに辞めてしまいました。とても優秀な子。でも、おそらくは踊れる身体は持っていなかった子。2年生のときのその子のあどけなさを思い出すたび、踊れる身体を得る環境をつくってあげられなかったことに、申し訳なさを覚えます。2回目の春を迎えることなく辞めてしまうなんて、きっと、辛かったのだろうな。

 

f:id:CountryTeacher:20190927211318j:plain

魅力溢れる小北夜市(台南、98)。教職にも魅力を!

 

 子どもが生まれる前は「なんて素晴らしい職業なんだ!」と思って、だれかれ構わず小学校の教員になることを勧めていましたが、父親になってからは誰にも勧められなくなりました。我が子が「教員になりたい」と言いだしたら、それこそ追い詰められたパズーとシータみたいな気持ちになるかもしれません。

 

 バルス

 

 以前に勤めていた自治体で、数年間、教員採用試験の面接官(集団面接)を務めていたことがあります。誰が優秀で、誰が踊れるのか、その見当はつきませんでしたが、誰が踊れないかの見当はすぐにつきました。踊れない(であろう)候補者からは、パズーやシータのようなオーラがほとんど感じられなかったからです。採用試験の倍率が下がるにつれて顕著になっていく「優秀で、踊れる身体を持っている」教員志望者の不在。

 

 存在の耐えられない軽さ。

 

 環境省の新しい大臣にも、文部科学省の新しい大臣にも、ミラン・クンデラ言うところの「存在の耐えられない軽さ」を感じます。気候変動問題はセクシーではないし、変形労働時間制もセクシーではありません。どちらも「ムスカに追われるパズーとシータ」レベルのシリアスな話であり、楽しく、カッコよく、セクシーでいたい若者が教職を敬遠するのは当たり前のことです。

 

 世界はそもそもデタラメである。

 

 あきれるくらいに。

 

 

「世界」はそもそもデタラメである (ダヴィンチブックス)

「世界」はそもそもデタラメである (ダヴィンチブックス)

 
存在の耐えられない軽さ (集英社文庫)

存在の耐えられない軽さ (集英社文庫)