田舎教師ときどき都会教師

テーマは「初等教育、読書、旅行、映画」

2020-03-10から1日間の記事一覧

内田良、広田照幸、髙橋哲、嶋﨑量、斉藤ひでみ『迷走する教員の働き方改革』より。失われた日曜を求めて。

1960年代には多くの都道府県で、教員の超過勤務に対して残業代の支払いを求める裁判が続出した。その結果は、原告教員側の連戦連勝。裁判所は、教員も労働基準法の考え方でとらえるべき労働者である、という判断を下していたのである。(内田良、広田照…