田舎教師ときどき都会教師

テーマは「小学校教員の働き方と生き方」&「本、旅、人」

2019-08-20から1日間の記事一覧

『天気の子』ときどき『社会の子』

鶏は卵に先行する。だが、それにもかかわらず、この特殊な卵は鶏の将来の型を変えることのできるように扱われるかもしれないのである。 (ジョン・デューイ『人間性と行為』人間の科学社、1995) 鶏を「社会」、卵を「子ども」と読み替えると、《社会は子ど…