田舎教師ときどき都会教師

テーマは「初等教育、読書、旅行、映画」

リヒテルズ直子 著『残業ゼロで授業料ゼロで豊かな国 オランダ』より。みんな違って、みんないい。

よく考えてみれば、世の中の仕事というのは、誰か決まった一人の人間が、毎日まるまる8時間働かなければならないようなものばかりではありません。週のうち半分くらいでよいものもあるでしょうし、事務や秘書などの仕事は、うまく調整すれば、二人で交代で…

リヒテルズ直子 著『手のひらの五円玉』より。社会を変えたければ、学校を変えるよりほかないのです。

個別の違いに応じる体制がこれほど広く実現していた裏には、1970年代の教育改革が影響しています。学年ごとの必修課題をやめ、小学校終了時の目標を「中核目標」としたことで、学校は学年にこだわらず一人ひとりの発達のテンポに合わせられるようになっ…

宮台真司 著『日本の難点』&「マル激(第1019回)」より。このままでは日本は幸せになれない。

あらためて確認すると、ここでいう社会設計の目標は、社会の存続と両立しないような幸せ観の、背景にある感情や感覚の枠組を、社会環境を通じて取り除いていくことです。「他人の不幸せと無関係に成り立つ自分の幸せがあるという感覚」や「他人の理解や承認…

猪瀬直樹 著『僕の青春放浪』より。人はだれも自分の青春を救済するために一生を費やす。

五年過ぎたところで黒帯の試験を受けることになった。娘も同じとき二段の試験を受けた。いっしょに出かけたが、帰りは喧嘩になった。娘だけが受かって、僕が落ちたからである。不機嫌な父親は、娘に「おまえねえ、受かったからってあまりいい気になるなよ」…

幡野広志 作『気仙沼漁師カレンダー  2021』より。気仙沼のいちばんの魅力とは?

一昔前は借金返済のためにマグロ漁船にのる人が実際にいたそうだ。現在は日本で働く東南アジアの外国人漁師の存在によって人件費を抑えることができるうえに、彼らは漁業に必要な技術まで有している。 そういった背景があるので新人の若い日本人が高給という…

宮台真司 著『亜細亜主義の顛末に学べ』& マル激「政権中枢の思想と新自由主義に振り回され続けた教育改革」より。逆手に取ろう。

例えば日本の高校では、まだバイトを禁止している学校がある。それって一体何なんでしょう? 社会を観察する経験や自分を規律する経験が得られるチャンスだというのに。米国ではバイト経験がNPO経験と同じぐらい重要な社会経験としてカウントされます。 …

猪瀬直樹 著『公』より。猪瀬直樹さんの「公の時間」と、村上春樹さんの「私の時間」と、「家長」不在の教育現場。

「公の時間」とは、家の土台のような確固たる事実が堆積した世界であり、個人の苦悩や葛藤という「私の営み」はその土台の上に構築されるはずだ。個別・具体的な「私の営み」を、普遍的な「公の時間」につなげるのがクリエイティブな作家の仕事である。(猪…

中原淳 著『知がめぐり、人がつながる場のデザイン』より。日々を丁寧に、かつ知的好奇心を絶やさずに。

まず、僕自身にまつわる変化です。ラーニングバーをはじめてからというもの、僕はいろいろな意味で、日々を丁寧に、かつ知的好奇心を絶やさずに生きていけるようになった、と感じています。 それは、どのようなテーマでバーを開催すればいいのか、誰を講師に…

西成活裕 著『シゴトの渋滞学 ―ラクに効率を上げる時間術―』より。30人学級よりも、専科の先生を増やしてほしい。

仕事の動きに臨機応変に対応するためには、渋滞を解消するためにクルマとクルマの車間距離をあけたように、スケジュールとスケジュールの合間も「車間距離」をあけて、仕事の安全運転をしておくべきなのです。 われわれのやっている新しい渋滞研究は、このよ…

猪瀬直樹 著『昭和16年夏の敗戦 新版』より。データより空気。これは過去の歴史ではない。今なお……。

二つの内閣が対峙した。いっぽうは第三次近衛内閣。もうひとつは平均年齢三十三歳の総力戦研究所研究生で組織する〈窪田角一内閣〉である。 ~中略~。長い一日がはじまりそうである。 十六年夏、彼らが到達した彼らの内閣の結論は次のようなものだったから…

松村真宏 著『仕掛学』より。仕掛をつくって、過労と休日出勤を回避。

アメリカのNASAは、宇宙飛行士を最初に宇宙に送り込んだとき、無重力状態ではボールペンが書けないことを発見した。この問題に対処するために、NASAの科学者たちはこの問題に立ち向かうべく、10年の歳月と120億ドルの開発費をかけて、無重力で…

古市憲寿 著『絶対に挫折しない日本史』より。展望台史観。歴史は細かく見るとややこしいが、俯瞰で見るとおもしろい。

旧石器、縄文、弥生、古墳、飛鳥、奈良、平安、鎌倉、室町、戦国、安土桃山、江戸、明治、大正、昭和、平成、令和……。こんな時代区分を学生時代に暗記させられなかっただろうか。この分け方が無意味だとは思わないが、ざっくりとした歴史を把握したい本書に…

宮台真司、福山哲郎 著『民主主義が一度もなかった国・日本』より。「権威と市場」or「参加と再配分」。未来を託せるのは、どっち?

こういうことです。日本は経済を回すために社会を犠牲にしてきた。社会の穴を、辛うじて回る経済が埋め合わせてきた。だから経済が回らなくなったら、社会の穴が随所で露呈した。金の切れ目が縁の切れ目。これが続く限り、今後も経済次第で人が死にまくるの…

土井善晴 著『一汁一菜でよいという提案』より。簡単は手抜きじゃない。研究授業なんて要らない。

地球環境のような世界の大問題をいくら心配したところで、それを解決する能力は一人の人間にはありません。一人では何もできないと諦めて、目先の楽しみに気を紛らわすことで、誤魔化してしまいます。一人の人間とはそういう生き物なのでしょう。しかし、大…

筑摩書房編集部 編、宮台真司、大澤真幸、他『コロナ後の世界』より。これ、めちゃくちゃいいから読みなよ。

屋上や非常階段からの風景は、いつも見る街の風景とは違うし、夜の公園の風景も、いつも見る昼間の公園の風景とは違う。25年前に書いた「地上70センチの視線」論のように、地べた座りもそうだった。人が行き交う渋谷センター街の路上で地べた座りをすれ…